2020年09月30日

楽しい仏教講座 2020.10.01




7730D187-B980-4291-BB3D-58929BD55326.jpeg



本日は、お寺ではない場所でのお話でした。







作道地域振興会の「交通安全母の会」で講義ということでした。






みなさん、真剣に笑顔が絶えずに聞いてくださり、調子に乗って予定外のことまでベラベラ話して来ました。






メッチャ楽しかった!








急きょ設けた質疑応答では、お仏壇の荘厳のことや、最近の有名人の自死問題について、質問がありました。







いのちについて、ともに考える時間になりました。







さて、明日は「楽しい仏教講座」です。







「本願寺のはじまり」あたりのお話にしようと思っています。







10月1日   19:30〜20:30まで
初めての方に経本プレゼントします。






参加費200円です。お土産あります。







どなたでも、ご自由に来てください。







お待ちしております。



posted by 覚円寺 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年09月26日

たくましくなりました

39D4096B-BA37-4399-91FC-8DAA39967A9B.jpeg
長男は年長さんです。
今までの運動会や発表会からは想像できない、たくましい姿でした。
WANIMAの「やってみよう」の歌詞が良かった。曲に合わせて旗を振りました。
彼の保育園に入ってからのこれまでが重なり、親父は目にゴミが入ったみたいです。
卒園式は、嗚咽の鼻水おじさん確定ですな。
さて、見学の二男は・・・。
E82D524B-8862-476A-9B87-CA3585AD3FDE.jpeg
本部の園長先生の横、保護者会長の席に鎮座しておりました。
やめてよ。どの立場で閉会式みてんのよ・・・
posted by 覚円寺 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

明日はふるこはんフェス!




A4F0B5D3-1C32-4F8C-B8BB-3173F80C5DA5.jpeg





是非、ご覧ください。





先日、撮影しました動画が完成しました。








仲間が作ってくれました。かっこよく出来上がっております。








さて、明日は「第3回ふるこはんフェス」です。







コロナ禍なので、法要は入場制限があり、ONLINEで開催されます。







13:00〜高岡ケーブルネットワークのYouTubeチャンネルとコミニュティチャンネルで放送されます。






私たちの音楽法要の出番は16:00〜です。







法要後に、僧侶の服装について少しお話するため、登場いたします。







お時間があれば、是非ご覧ください。




posted by 覚円寺 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年09月24日

お寺でヨガ 2020.09.25




7BD46715-6554-4C0D-962D-961D39D4DF12.jpeg





明日、25日(金)はお寺でヨガの日です。






19:30から1時間ほどです。







参加費は500円。ミニ法話もあります。







目を閉じて、深い呼吸をしリラックス。







ゆっくりと目を開けたならば、目の前に写真のような極楽浄土の荘厳な姿が浮かびます。






雨の1日らしいのですが、心よりお待ち致しております。



posted by 覚円寺 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2020年09月22日

掲示板の言葉 2020年9月




18E0897B-1461-418A-88CD-58369333493B.jpeg






お寺の前にある掲示板の言葉を、毎月1日に変えております。








月参りの際に、その言葉の紹介をB6のチラシで配らせてもらっております。







これは簡単なので継続できます。







出来ることからコツコツと。







さて、富山県は他県に比べて、お彼岸に墓参りされる習慣があまりありません。








しかし、今日は次々と境内に車が入ってきます。








お盆に参ることが出来なかった方々も、来られているんですね。







手を合わさずにはおられない方もいらっしゃいますもんね。







「コロナだから」








仕方ないことは確かにあります。








でも、何でもかんでもコロナのせいにするのはやめませんか?







先達方が大切にしてきた伝統や歴史を、コロナに押しつけて途絶えさすのは少し違うと思います。







忙しさの中で忘れてしまっている大切なことを、お彼岸という節目に一緒に考えてみましょう。




posted by 覚円寺 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲示板の言葉

2020年09月17日

リハーサル!




64DF18AB-D058-4F59-ACD4-7DDA82FCB4D5.jpeg






9月27日に開催する、第3回ふるこはんフェスのリハーサルのため、伏木の勝興寺に行ってきました。








今年はコロナ禍のため、本堂にお座りいただけるのは限定50名ほどです。







他には、ネット配信や高岡市のケーブルテレビで生配信されるそうです。







私は会係(えがかり)という配役です。






何て説明したらいいでしょうか?司会?場内整備?






そんな感じでしょうか。







僧侶の衣についての説明などの役も仰せつかっております。







詳しくは、また近くにご連絡いたします。


posted by 覚円寺 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年09月16日

法話会 2020.09.19




7889B317-06FC-4478-A1C3-239B27C66B68.jpeg





9月19日(土)の14時から、法話会を開催します。






正信偈を拝読し、1時間程度(休憩を挟んで)の法話を聴聞します。







主催は仏教婦人会ですが、もちろんどなたでもご参加いただけます。







途中のお焼香の際に、500円を頂戴しております。







布教使は高岡市佐野、西養寺の村上昂文師です。






本堂で手を合わし、法話で我が身を振り返る、贅沢な時間を共にしませんか?







お待ちしております。







※写真は「覚円寺インスタ賞」の応募作品です。普段見ることのない角度からの、銀杏の木です。

posted by 覚円寺 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年09月11日

イップスからの脱却





F1EF49B1-23B5-417E-989F-42DCCD880768.jpeg





昨日の続きになります。自己回顧録です。






長いし少しくどいですが、お付き合いください(笑)







自信喪失からは、1年間の本願寺での声明研鑽を終えても、回復していませんでした。







京都生活の7年目に門を叩いたのは、布教使養成機関です。






住職課程。通称、伝道院です。






伝道院とは、写真の建物です。







明治の建築家、伊東忠太が設計した存在感のある建物です。






西本願寺と東本願寺の間にあります。ぜひ、訪れた際にはご覧になってください。







ここで100日間、布教使としての研鑽を積みました。







隣接する寮の六畳一間に2人で、寝泊りしました。







朝は5時に起き、就寝は22時。でも、課題や実習の原稿作成のため、徹夜したことも何度もあります。







人前に出て、異常な状態になるイップス的なものは絶賛継続中でした。







でも、このままではダメだ。試験も落ちる。資格も取得出来ない。







自分を変えなきゃ、前に進めない。







そんな時に、滋賀県のお寺の法座に布教実習に行きました。







15分の仏さまの話を、はじめてのお寺の門徒さんたちの前で話す。






講師の先生も同行しています。






15分の中に、亡くなった岡江久美子さんが出演してしておられた「天までとどけ」の「涙くんさよなら」という歌の歌詞の話を入れました。






自分を変えたかった。そして、恥を偲んで大声で歌いました。みなさんも歌ってくださいました。







しかし、歌ったあとに話がぶっ飛びました。







沈黙が流れます。2分くらい?あったでしょうか?






イップス脱却、失敗。






でも、その時。お参りの方々から、拍手と声援をいただいたのです。







これが、お育ていただくということなのでしょうか。






恥ずかしいやら嬉しいやら悲しいやら、涙が出てきました。








あの暑い夏の日の、声援と拍手は忘れられません。








少しだけ、ほんの少しだけですが、人様の前で何とか拙いお話をさせてもらうようになりました。






もちろん、初めから流暢に語る、天才肌の布教使さんもおられます。







一方私なんかは、懐のひろーい聴聞のプロたちに育ててもらったような気がします。








これからも失敗だらけと存じますが、僧侶としてもお腹周りも育ち盛りなので?








温かく見守りくださいますよう、お願い致します!






posted by 覚円寺 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

2020年09月10日

表題のない経本





321A5D0A-B3C0-4862-9E88-4CCDBB535831.jpeg





本日は、高岡市内の青年僧侶の会に、声明(お経)の会の講師としてお招きいただきました。






講師など上手く勤められないのですが、お伝えできることがあればと思い、受けさせてもらいました。





お経や雅楽は、2004年に本願寺で1年間みっちりと学びました。





実は、その頃は自信喪失の時期でした。






今で言う「イップス」かな?







授業や実習で指名されると、体と声が震えて読めないのです。






脂汗も出てきます。緊張のあまり、腰も痛くなります。






とりあえず、手の汗が尋常でないのです。






D8867E7E-CD39-4F07-A96D-73F505BFE933.jpeg






16D06FD8-C5D8-46A4-9BF8-0448FC4D7B6F.jpeg





上が本来の経本。下が自分の経本。
手汗で表紙の和紙が破れました。






結構つらい、1年でした。原因はあります。






龍谷大学を出て、中央仏教学院という専門学校へ2年通わせてもらいました。






そこでは、「お経が上手い」と友人や後輩たちが言ってくれていました。






自信もあったのでしょう。驕りもあったと思います。






卒業後、本願寺へ練習生としての門をたたくと、同期の意識とレベルの違いに困惑しました。






大学出の2つ下の同期生に、軽々と置いていかれる自分に失望したのです。






そこから、所謂イップスが始まりました。






今では何となくわかるのですが、自分の心の問題でした。






慢心があり、しょうもないプライドが崩壊して、出来ない自分を認められない。






精神的に落ち込んだ、でも貴重な1年でした。






表紙のない経本をみて、17年前を思い出しておりました。




posted by 覚円寺 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

2020年09月09日

時を告げる鐘


1989C76C-0D23-4C3D-8654-8D73EE93AC77.jpeg





覚円寺には梵鐘(ぼんしょう)があります。






梵鐘は別名、集会鐘(しゅうえしょう)とも言い、行事開始の1時間または30分前に撞かれるものです。






毎朝、5時に撞いております。







ほぼ狂いなく5時ピッタリに撞くので、近くの特別老人施設の職員の方から、






「時間がわかって有り難いです!」とお喜びの言葉をいただいたことがあります。






鐘を撞くのは前住職の仕事なのですが、留守の時は私の出番です。






しかし近所の方に聞くと、前住職の留守がバレているようです(笑)







なぜなら、間隔や音の大きさが全然違うそうなのです。







ちなみに私の音は性格と同じで、優しいらしいです?(笑)







多くのお寺の梵鐘は、戦中に金属回収令で供出されました。








そして、戦後まもなく作ってもらった梵鐘だったのですが、ヒビ割れや劣化が進み、2年前に新調していただきました。






8C0E47FC-34CE-43AB-90D5-A7281AF1ECA8.jpeg





その時の式典の写真です。





posted by 覚円寺 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ