2021年04月15日

法話会 2021.04.17




25F5E86D-1ECD-4C64-B053-9C75E70D8008.jpeg



境内のチューリップがキレイに咲いております。


さて17日(土)は法話会です。14時からです。


正信偈を拝読して、住職と前住職が法話をします。


主催は仏教婦人会ですが、もちろんどなたもお参りいただけます。(婦人会員の方には4月なので、総会資料を配布します)


コロナ禍ですので、マスクを着用の上、お越し下さい。


日々の生活の中で、手を合わせることを忘れてはいないでしょうか?


みなさまのお参りを心よりお待ちしております。


posted by 覚円寺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月14日

オンライン講義



2E6DD0D8-2037-4394-8421-0064CAD1E0CA.jpeg



今日から約1年間、オンライン講義が始まりました。


全62回の講義です。様々な角度から浄土真宗を学びます。


全国から200名の受講があるそうです。


多くの先生方から学びをいただき、インプットしたものをみなさまにアウトプットしていきたいと思います。


posted by 覚円寺 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月09日

「坊さん宗教に勧誘される」の巻



0B3C3C25-0EE6-46DE-AAA6-D73CDAC11653.jpeg


先月末に、カルト宗教の講演会に出席したことは書きました。


ですので今回は、少し思い出したことを書きたいと思います。


まず、一言だけ断りを入れておきます。


鎌倉時代には、浄土真宗も新しい考え方でしたから、いわゆる新興宗教だったわけです。


ですので、新興(新しく興る)宗教の全てが悪いとは言いませんが、「カルト宗教」は少々タチが悪いです。


「カルト」の定義も様々だとは思いますが。


3年ほど前、その日のお参りから帰ってきた時のことです。


私は境内ではなく、裏の玄関から出入りしております。


1人の若い女性が後ろの玄関に立っておりました。


私は車を停めて、玄関に向かいました。衣を着て。


すると、その女性はビックリして
女性@「あ!お坊さんだったんですか?」と言いました。


私「そうですけど、ウチに何か用ですか?」と尋ねると


後ろからまた2人の若い女性と、3歳くらいの子どもさんも合流しました。


女性@「お坊さん!これ、読んでください」


○○新聞と書いてありました。


私「あっ、受け取りますよ」


女性A「お坊さん!私ね、この教えと出会ってから一度も悩んだことないんです。苦しいことないんですよ!」


女性B「そうですよ!これを唱えていないと、これからやってくる大地震でお坊さんも死んでしまいますよ!」


私「悩みないんですか?いいですね。死なないんですか?本当ですか?」


女性A「本当です。これを唱えないから皆んな苦しむんですよ!死ぬんですよ!」


こんな調子の話を一通り聞いて、少しだけ私の話も聞いてもらいました。


「私は浄土真宗の僧侶で、浄土真宗の教えが大切です。だから、あなたたちもその教えを大切にしてください」


「でも、2つだけ約束してもらえませんか?」


「1つ目。自分たちの教えだけが正しくて、相手の大切にしている教えを、邪教と捉えて否定しないでください」


「2つ目。不安や恐怖を植え付けて、こうなりたくなければ、これしなさい。という教えは、私は宗教ではないと考えます。それを洗脳といいます。そのような勧誘はやめてくださいね」


女性@AB「わかりました〜」


私(心の中)「絶対わかってないな」


前にも申しましたが、浄土真宗以外にも素晴らしい教えはたくさんあります。


しかし、とりあえず上記の2つ。



@自らを「正」とし、他を「邪」と切っていく教え
A不安や恐怖でがんじがらめにして、そこから逃れる条件を提示してくる教え


世の中が不安定なときほど、動きが活発になります。


入り込むと人間関係が遮断されて、思考停止に陥り、人生に狂いが生じます。


そして、一度浸かってしまうと戻ることができないケースもあるそうです。


ご講師の瓜生先生の話では、誰でも騙される可能性があるそうです。


どうか、心当たりや不安なことがあれば、話を聞きますのでお尋ねください。


posted by 覚円寺 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月08日

ブロック塀が完成!




9020551A-7DFD-4AAC-9CA6-84695D86B50F.jpeg


大雪で倒壊したブロック塀でしたが、新しくなりました!


近隣のみなさまには、工事中ご迷惑をお掛けしました。


きれいになって、とても嬉しいのですが、門を挟んで反対側のブロック塀が気になってきました。


同じく、本堂の後ろにも約70メートルにわたり古いブロック塀が並んでおります・・・。


posted by 覚円寺 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月05日

7人の仲間




DC4157FF-B96C-4128-89F9-58324BFF5ECA.jpeg



令和元年の8月に始まった「第15期新湊組連続研修会」が昨日修了式を迎えました。



コロナ禍で日程の変更を余儀なくされましたが、7名が全日程を修了されました。



全12回、様々なテーマについて学び、話し合っていただきました。



念仏の輪をともに広げる、「御同行・御同朋=仲間」として活動していきたいと思います。



覚円寺も所属する、旧新湊市を中心とした本願寺派の寺院の団体(新湊組)は、「南無阿弥陀」を1人でも多くの方に届けるために、次のステージに入ります。



みなさまも関心をもっていただけたら、幸いです。



posted by 覚円寺 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月03日

カルト宗教に関する講演会




8217AFA7-C1A1-4557-9904-4EBDF4A5AF85.jpeg



一昨日、本願寺高岡会館で瓜生崇先生の講演がありました。



「なぜ人はカルトに惹かれるのか
 コロナの時代の宗教」という講題でした。



瓜生先生は、この射水市にある「親鸞会」の講師をしておられた方です。



その後「親鸞会」の誤りに気づき、現在は大谷派の住職であり、多岐にわたる活動をしておられます。



深い考察と語りから伝わる熱意は、すさまじいものがあります。



先生の以前所属しておられた団体が、カルト団体かどうかは意見が分かれる所でしょう。



しかし、新聞や広告、SNS等の発信などをみると巧みだなぁと感じます。



そして色々と問題はありますが、熱意を感じます。



その熱意だけは、本願寺教団も見習わなければならない所だと個人的に思います。



同じ親鸞聖人を大切に仰いでいく団体ならば、共に歩んで行くことはできないのだろうか?



そんなことも考えてしまいます。(難しいかな?)



宗教によって人は救われても、宗教によって人生を狂わせてはなりません。



微力な私にできるのは、多くの先達方の拠り所となってきた「南無阿弥陀仏」を1人でも多くの方に届けることです。



山登りに様々なルートがあるように、宗教も様々な教えがあります。



浄土真宗以外にも素晴らしい教えはたくさんありますが、中には気をつけなければならない団体もありますので、注意してくださいね。



posted by 覚円寺 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年03月31日

掲示板の言葉 2021年3月



BB2D25A4-E6D7-42AF-A127-BA94885239BE.jpeg



今月の掲示板でした。



毎月、ご主人の命日に墓参りに来られる方が



「これを見るのが楽しみで、毎月、掲示板の写真を撮ってるよ!」



と、教えてくれました。



嬉しいです。



と同時に、「相手が喜ぶ言葉をかけること」って、大切なことだなぁと教えてもらいました。



双方が笑顔になれますしね。



【住職のひとりごと】のコーナーですが。



ひとりごとにしては長すぎますよね(笑)



貼っておきますので時間に余裕がある方は読んでみてください。


[住職のひとりごと]

2月の掲示板は
「雪がとけたら何になる?
   雪がとけたら春になる」でした。
3月の掲示板の言葉は続きです。
雪がとけたら春になるという答えは
科学的ではありませんが
情緒的で聞くものの心をも
豊かにさせます。
さて
「人は死んだらどうなるのでしょうか?」
科学的に物事を考えることの多い現代人なら
「骨になる」と答えるでしょう。
でも何か、さみしい。
そして、何と切ないのでしょう。
死とともに人生の灯が突然消えて、
暗闇になるとでも言うのでしょうか?
そうではありません。
仏教では「骨で終わらず、人は仏になる」
と,聞くのです。
残されたものにとっては、
亡き方との新しい関係が結ばれるのです。
大切なあの人はどこに行ったの?
どこで何をしているの?
そのことを阿弥陀さまに訪ねていくことが
残された私たちの歩む道であり
私たち自身が、限りあるいのちを
心豊かに生きていく道でもあります。
それは、新しい自己との
出遇いにもつながることでしょう。
浄土真宗ではそのことを
「聴聞」「聞法」というのです。
悲しくつらいご縁です。
だからこそ、どうかどうか、
お寺を活用してください。
3月から下記の行事を再開します。
お待ちしております。



以上、長いひとりごとでした。





posted by 覚円寺 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲示板の言葉

2021年03月30日

楽しい仏教講座 2021.04.01

6082A75A-6771-4C68-9F82-A9F25450956C.jpeg



4月1日(木)は月に一度の「楽しい仏教講座」です。



今月は前回お話出来なかった「なぜ浄土真宗では般若心経を読まないのか?」をお伝えする予定です。



決して、般若心経が劣っているとか、間違っているとか、そんな話ではありません。



般若心経も素晴らしい経典で、多くの方の拠り所となるものです。



ですが、浄土真宗では拝読しないのです。



そのあたりに触れた話をしたいと思います。



19:30から1時間。椅子席です。



参加費を200円いただいております。



お土産付ですよ〜!



もちろん、お経の練習もします。



お念珠と筆記用具だけお持ちください。



初回の方には経本をプレゼントします。



どうぞ、気軽にお越しください。



お待ちしております♫


posted by 覚円寺 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年03月29日

通学の練習




63D74561-1628-4872-BF10-1CFA62FC0C38.jpeg




4月から小学校へ歩いて通学します。



天気が良かったので、練習をしました。



1.5km。子どもの足では30分くらいでしょうか?



30年前と違って、危険な箇所もあり、車の交通量も増えています。



心配です。



さて、30年前と変わらない(塗り直されておりましたが)金次郎さんがおられました。



F9372EFE-06EA-4733-B5AD-7631DFDC5090.jpeg



私が通う頃、金次郎さんを支える台座で「だいじょうぶたぁごっこ」と名付けて放課後、遊んでいました。



息子にも伝授して、この写真を撮って小学校の同級生に送りました。



B0E67753-24D3-412D-BC01-053EE27014EF.jpeg



腹を抱えて皆んなで笑った思い出です。



そして、今日は奇しくも「だいじょうぶだぁごっこ」の基になった、志村けんさんの一周忌。



30年の時を経て
未来へ繋ごう
志村の輪



上手くできましたか?(笑)



笑いは人を幸せにします。



志村けんさん。南無阿弥陀仏。

posted by 覚円寺 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

2021年03月25日

お寺でヨガ 2021.03.26




30A8ADE8-30AF-49BF-BD82-07E129761F55.jpeg


今日は長男の卒園式でした。



初年度は、登園前から泣いてばかりでしたが、本当にたくましくなりました。



先生方にもお世話になり、式では感動が止まりませんでした。



さて、明日26日は「お寺でヨガ」の日です。



3月より再開します!



19:30から1時間。500円です。



始まる前にプチ法話しております。



他のヨガとは一味違う、お寺空間でのヨガです。



貸マットもあります。どなたでも、気軽にお越しください。



どうぞ、お寺に足を踏み入れてみてください。



心よりお待ちしております。


posted by 覚円寺 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント