2021年02月17日

本尊・阿弥陀さまG




9CD288EF-9431-4FF6-8E50-1B8CDD790F4A.jpeg




選挙演説を聞くことがありますよね?





「もし、私が当選しましたならば、必ず○○することをお誓い致します!」





高らかに演説なさっても、当選後には誓いが成就されない場合があります。





そして公約が守られたとしても、利益がある人もいれば、損害を被る人もいます。





法蔵菩薩は、遠い昔に48の誓いを建てられました。





全てのいのち(十方衆生)のための誓いです。






「もし、あなたが○○となることができなければ、私は仏(阿弥陀)とならない!」





量り知ることのできない永い間、私が救われる方法を思惟して、





想像できない永い間、私が救われるために、修行されたのです。





つまり「南無阿弥陀仏」と成就された、阿弥陀さまが私の前におられるということは、





私が救われることが証明されているということです。





そして、誰も救いから漏らさない!と全てのいのちを救える仏になられたのです。





正信偈には

帰命無量寿如来 南無不可思議光

 法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所

 覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪

 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓

 五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方





の箇所に、そのことが書かれてあります。






「そんな作り話、バカバカしい!」






と受け取れば、大切なことが何も聞こえてこないでしょう。





「なぜ、そのような誓いを建てられて、南無阿弥陀仏にならねばならなかったのか?」





と受け取れば、阿弥陀さまの心にふれ、この人生において大切なものを、得ることができるでしょう。





@馬鹿な作り話
Aなぜ、私を救うために阿弥陀となられた?





あなたは、@とAのどちらで聞きますか?




posted by 覚円寺 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 教え・作法・マナー