2021年03月31日

掲示板の言葉 2021年3月



BB2D25A4-E6D7-42AF-A127-BA94885239BE.jpeg



今月の掲示板でした。



毎月、ご主人の命日に墓参りに来られる方が



「これを見るのが楽しみで、毎月、掲示板の写真を撮ってるよ!」



と、教えてくれました。



嬉しいです。



と同時に、「相手が喜ぶ言葉をかけること」って、大切なことだなぁと教えてもらいました。



双方が笑顔になれますしね。



【住職のひとりごと】のコーナーですが。



ひとりごとにしては長すぎますよね(笑)



貼っておきますので時間に余裕がある方は読んでみてください。


[住職のひとりごと]

2月の掲示板は
「雪がとけたら何になる?
   雪がとけたら春になる」でした。
3月の掲示板の言葉は続きです。
雪がとけたら春になるという答えは
科学的ではありませんが
情緒的で聞くものの心をも
豊かにさせます。
さて
「人は死んだらどうなるのでしょうか?」
科学的に物事を考えることの多い現代人なら
「骨になる」と答えるでしょう。
でも何か、さみしい。
そして、何と切ないのでしょう。
死とともに人生の灯が突然消えて、
暗闇になるとでも言うのでしょうか?
そうではありません。
仏教では「骨で終わらず、人は仏になる」
と,聞くのです。
残されたものにとっては、
亡き方との新しい関係が結ばれるのです。
大切なあの人はどこに行ったの?
どこで何をしているの?
そのことを阿弥陀さまに訪ねていくことが
残された私たちの歩む道であり
私たち自身が、限りあるいのちを
心豊かに生きていく道でもあります。
それは、新しい自己との
出遇いにもつながることでしょう。
浄土真宗ではそのことを
「聴聞」「聞法」というのです。
悲しくつらいご縁です。
だからこそ、どうかどうか、
お寺を活用してください。
3月から下記の行事を再開します。
お待ちしております。



以上、長いひとりごとでした。





posted by 覚円寺 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲示板の言葉

2021年03月30日

楽しい仏教講座 2021.04.01

6082A75A-6771-4C68-9F82-A9F25450956C.jpeg



4月1日(木)は月に一度の「楽しい仏教講座」です。



今月は前回お話出来なかった「なぜ浄土真宗では般若心経を読まないのか?」をお伝えする予定です。



決して、般若心経が劣っているとか、間違っているとか、そんな話ではありません。



般若心経も素晴らしい経典で、多くの方の拠り所となるものです。



ですが、浄土真宗では拝読しないのです。



そのあたりに触れた話をしたいと思います。



19:30から1時間。椅子席です。



参加費を200円いただいております。



お土産付ですよ〜!



もちろん、お経の練習もします。



お念珠と筆記用具だけお持ちください。



初回の方には経本をプレゼントします。



どうぞ、気軽にお越しください。



お待ちしております♫


posted by 覚円寺 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年03月29日

通学の練習




63D74561-1628-4872-BF10-1CFA62FC0C38.jpeg




4月から小学校へ歩いて通学します。



天気が良かったので、練習をしました。



1.5km。子どもの足では30分くらいでしょうか?



30年前と違って、危険な箇所もあり、車の交通量も増えています。



心配です。



さて、30年前と変わらない(塗り直されておりましたが)金次郎さんがおられました。



F9372EFE-06EA-4733-B5AD-7631DFDC5090.jpeg



私が通う頃、金次郎さんを支える台座で「だいじょうぶたぁごっこ」と名付けて放課後、遊んでいました。



息子にも伝授して、この写真を撮って小学校の同級生に送りました。



B0E67753-24D3-412D-BC01-053EE27014EF.jpeg



腹を抱えて皆んなで笑った思い出です。



そして、今日は奇しくも「だいじょうぶだぁごっこ」の基になった、志村けんさんの一周忌。



30年の時を経て
未来へ繋ごう
志村の輪



上手くできましたか?(笑)



笑いは人を幸せにします。



志村けんさん。南無阿弥陀仏。

posted by 覚円寺 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート