2021年04月03日

カルト宗教に関する講演会




8217AFA7-C1A1-4557-9904-4EBDF4A5AF85.jpeg



一昨日、本願寺高岡会館で瓜生崇先生の講演がありました。



「なぜ人はカルトに惹かれるのか
 コロナの時代の宗教」という講題でした。



瓜生先生は、この射水市にある「親鸞会」の講師をしておられた方です。



その後「親鸞会」の誤りに気づき、現在は大谷派の住職であり、多岐にわたる活動をしておられます。



深い考察と語りから伝わる熱意は、すさまじいものがあります。



先生の以前所属しておられた団体が、カルト団体かどうかは意見が分かれる所でしょう。



しかし、新聞や広告、SNS等の発信などをみると巧みだなぁと感じます。



そして色々と問題はありますが、熱意を感じます。



その熱意だけは、本願寺教団も見習わなければならない所だと個人的に思います。



同じ親鸞聖人を大切に仰いでいく団体ならば、共に歩んで行くことはできないのだろうか?



そんなことも考えてしまいます。(難しいかな?)



宗教によって人は救われても、宗教によって人生を狂わせてはなりません。



微力な私にできるのは、多くの先達方の拠り所となってきた「南無阿弥陀仏」を1人でも多くの方に届けることです。



山登りに様々なルートがあるように、宗教も様々な教えがあります。



浄土真宗以外にも素晴らしい教えはたくさんありますが、中には気をつけなければならない団体もありますので、注意してくださいね。



posted by 覚円寺 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ