2022年06月07日

させていただく



703DA358-F67C-42A5-BEA5-BF396BE1874C.jpeg


この世代の定めなのでしょうか。
色々な役割を与えられます。


先日の「永代経法要」で、圓山先生の法話の中でもありました。


「やらされた」ではなく「やらせていただいている」と受け取りたいです。


ちょうど、Yahoo!ニュースでも「させていただく」論がでています。


でも、次から次へと・・・


今日は、午前中は布教団の第2ブロック会議。
北陸三県と愛知・岐阜・三重県の布教使の代表の会議です。


この4月から、高岡教区布教団の副団長を「させていただいて」おります。


でも、パソコンの画面越しには富山と石川の友人もいました。彼らも「させていただいて」いるんやな(笑)


そして、同じく4月から高岡教区の「教学研究室」という組織の事務局長も「させていただいて」おります。


教区の重鎮・学者さんのような人たちが20人集まる、恐ろしい組織です。
毎月、研究発表会があります。


今夜と明後日は新湊組の会合です。
連研部長を「させていただいて」おります。


他にも月の中で、色々な組織・会議・勉強会があります。保育園の役も。


「午前中にちょろっとお参りして、午後から転がっとるがいろ?」みたいなことを言われたことがあるんで。


忙しいアピールしているみたいで、いやらしいですね(汗)


確かに転がることもあります(笑)


でも、決してヒマばかりではないのです。黙ってこなすのが素敵な男ですが、少し反論(笑)


あっ、家では、ゴミ出し・昼ご飯の担当・娘の入浴を「させていただいて」おります!



posted by 覚円寺 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ