2024年02月29日

掲示板の言葉 2024年2月


IMG_6066.jpeg


今月の掲示板の言葉はこれでした。


余震は少しずつ収まりつつありますが
まだまだ心配です。


被災地のみなさまの
衣食住やライフラインが早く整い、
心の不安が少しでも晴れますように。


【住職のひとりごと】


元日に能登半島地震が起りました。
家が壊れ、大切な人のいのちや
住む場所を一瞬にして奪っていきました。


依然、行方不明者や
断水の情報を目の当たりにし、
胸が締め付けられます。


みなさまは、
被害や怪我はありませんでしたか?


覚円寺は、欄間が落ちてきたり、
壁の崩落がありました。


誰にとっても、突然の出来事でした。



地震以降、子どもたちに
心の変化があるようです。


特に次男は、地震の話になると
顔を真っ青にします。


トイレにも一人で
行くことができなくなりました。


被害があったとはいえ、
日常を過ごしていますが、
我に返ることが増えたように感じます。


地震以降、余震を心配しながらも、
家族で食卓を囲みます。
冗談も言い合います。
大笑いします。


でも、次の瞬間に真顔になるんです。
幸せがひっくり返ったんですから。


お孫さんの顔をみて、
目尻を下げていた方がいました。


料理人になって、おせちを作り、
家族に振るまうために
帰郷している方がいました。


一人だけ、残された方がいました。


亡くなられた方は何も、
無常を教えるために
大切ないのちを落としたわけではない。


そんなはずがない。
でも、受け取りましょう。


誰にも明日は
保証されていないのだから。


生きたかった方の分まで
生きましょう。


絶対にその尊いいのちを
無駄にしないために。


posted by 覚円寺 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲示板の言葉

2024年02月27日

国境なき医師団 講演会


IMG_6059-c6117.jpeg

3月2日(土)に
高岡龍谷高校にて講演会があります。


こちらは生徒会が主催し
私個人も属する高岡教区の
二つの団体が共催、後援しています。


講演内容は
「緊急医療の現場から平和を考える」


ご講師は、国境なき医師団元会長
外科医の久留宮隆先生です。


公開講座になりますので
一般聴講も可能です。


しかし、このチラシが
入場券となりますので
ご希望の方は覚円寺まで
ご連絡下さい。


先生のお話を通して
世界の平和について
共に考えましょう。



posted by 覚円寺 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2024年02月23日

ケーキでお祝い



IMG_6049.jpeg


21日が父の76歳のバースデーでした。


今日、甥や姪が遊びに来ているので
みんなでケーキを食べました。


最近、噂の
中伏木のケーキ屋さん。


フルーツもたっぷりで
美味しくいただきました。


次男はいちごが嫌で
丸坊主になった下地を
食べておりました。


じいちゃん、おめでとう!
早く、寺に病垂れ(痔)を
治してね!


IMG_6052.jpeg

posted by 覚円寺 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ