2024年05月11日

次から次へと・・・


IMG_7559.jpeg


大工さんにお願いして
本堂屋根裏の新た耐震補強工事に
入ってもらっています。


昨日、本堂の向拝階段で
休憩していた大工さん。


何気に納骨堂の屋根を見ると。
棟瓦がズレているのに
気がつかれました。


IMG_7560.jpeg


わかります?
確かに目視できます。


おそらく、
こんな状態でしょう。


IMG_7563.jpeg


これでは雨漏りが懸念されます。
はぁ・・・。


次から次へと。
仕方ないですけどね。


こちらも修繕していただきます。
ご報告でした。


posted by 覚円寺 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2024年05月09日

大仏寺さまで


IMG_7541.jpeg


日本三大仏(諸説あり)の大仏寺さまで
高岡仏教協会(超宗派の団体)主催の
仏教講演会がありました。


自分の中で真宗寺院以外でご縁があるとき
必ず初めに伝えることがあります。


@自分は浄土真宗の教えが好きで
 浄土真宗の話しか出来ないこと。
A他のご宗旨と比べての上下優劣などは 
 語らないということ。
Bそれぞれのご宗旨とそれを大切にされる
 みなさまの信仰心に敬意を払うこと。


他のご宗旨の僧侶の方がたくさんおられて
いつになく緊張しました。


しかし、ご門徒さんやインスタで知り合った
30代の方が人生初の法話を聞きに来られて、
とても励みになりました。


朝から「新聞見たよ!」と
電話やLINEがあります。


いい勉強をさせてもらいました。


IMG_7538.jpeg
IMG_7545-414f3.jpeg


posted by 覚円寺 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2024年05月08日

能登半島地震の爪痕


IMG_7531-cd436.jpeg


能登半島地震から
4か月が過ぎました。


本堂の落下した欄間や
崩落、亀裂の入った漆喰や土壁は
修繕を終了。


しかし、地震直後から
気になる箇所はありました。


本堂の外陣の天井板です。
※みなさんがお参りされる場所


この写真のような
穴が空いていました。


IMG_7533.jpeg


揺れで被害があったならば
割れたりするはずです。
なぜ、穴なのか?


大工さんに本堂屋根裏に
上がってもらいました。


すると、大変なことが起こっていました。
耐震補強のために筋交に入れていた
鉄筋が全て外れて
ワイヤーが全て切れていました。


IMG_7528.jpeg


銅線の太いワイヤーがプッツリ
切れるのですから
とんでもない揺れだったことが
わかります。


IMG_7527.jpeg


ワイヤーが外れた拍子に
天井板に当たり、破損したわけです。


今後、あのような揺れがあれば
本堂倒壊の可能性もあるとのことです。


現在、足場を組んで
早急に工事に入ってもらっています。


大きな工事になりますが
本堂を護るための必要な工事です。


IMG_7529.jpeg


posted by 覚円寺 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ