2022年11月17日

割子でおとき



2718E14A-68AF-459F-99F1-9125FE4745F1.jpeg


今年も砺波市の真光寺さんで
報恩講の布教のご縁をいただいております。


お昼は「割子のおとき」
精進料理です。


親鸞さんが好きだった、小豆
親鸞さんの傘に見立てた、しいたけ
杖に見立てた、ごぼう。などなど。


コロナ禍で会食がなくなり
報恩講のおときも各地で
消えつつあります。


覚円寺の婦人会のみなさんが
作って下さるおときも、とても美味しい。


しかし、コロナ禍以降は中止しており
今後は担い手不足で
目処が立ちません。


大切な文化が失われつつあります。


何処も同じ悩みだとは
わかっていても、先達方が
紡がれてきた習慣がなくなることは
悲しいことですね。


以前は当たり前すぎた「割子のおとき」
今日は有り難いなぁと感じながら
美味しくいただきました。


posted by 覚円寺 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189934604

この記事へのトラックバック