2022年10月06日

大きな人影



D3EC1E9A-A8DA-49CF-A4FA-00C40B9E30AB.jpeg


お寺さん達に控えてもらう
座敷も整いました。


みなさんが座る椅子も
拭いていただきました。


昼過ぎに総代さんも
「何かやることない?」と
夕方まで手伝ってくださいました。


F0E98D9B-D97E-4CC4-9B57-B44D648210FF.jpeg


そして、今日の夜は
「楽しい仏教講座」でした。


本堂の扉の外に
大きな影が見えます。


いつものレギュラーの方々ではない
大きな影です。


なんと、初めての参加の方でした。
上司の方も誘って来て下さいました。


疲れが少し溜まっていましたが
吹き飛びました!


本当に嬉しいです。


続けてきていただけるよう
頑張ります。




posted by 覚円寺 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年10月05日

楽しい仏教講座 2022.10.06



C95EDDA7-96E4-4926-8AC3-7532806E4D85.jpeg


昨日は父と本堂の荘厳を
少しずつ整えました。


女性陣は細部にわたる清掃です。
これもキリがありません。


他にもたくさんの出入りが。


大工さんに本堂前にスロープを
作っていただいております。


生花屋さんが打ち合わせに。


全ての廊下にワックスをかけるため
業者さんが。


さて法要までバタバタとしておりますが
6日(木)は「楽しい仏教講座」を
開催します。


19:30〜20:30までです。
椅子席です。


参加費を200円いただいております。
帰りにお土産付きです!


今回もスクリーンを駆使して
イラストや写真で楽しく
仏教をお伝えします。


どなたでも大歓迎です。
お待ちしております。


posted by 覚円寺 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年10月03日

ひとつひとつ



5A22A088-83EB-4559-ACA0-40394893F6CF.jpeg


今日も沢山お手伝いいただきました。


まずは山門の前に
紅白の門を作りました。


看板に脱字があるのはご愛嬌。


昨日から続いて
お手伝いに来て下さいました。


C63F7EB5-F425-4002-9B30-284635E9710A.jpeg


C94E9874-7D40-4F11-82F4-5B2F5E81082E.jpeg


他にも、当日色々と動いていただく
お寺さん5人も来てくださいました。


380DF578-91C6-4BF1-AD2F-7D867D9E7F0C.jpeg


さらに、仏壇屋さんが来てくださり
漆についた埃を払って下さいました。


331CC203-39D2-4663-8697-13220BCAFE10.jpeg


まだまだやることいっぱいです。


昨日の説明会&掃除に
参加された方が昨晩LINEを
送ってくれました。


「今日参加して準備が多岐にわたり、
 改めて大変な行事なのだと
 わかりました。やることが沢山あると
 思いますがご自愛下さい」


と労いの言葉を頂戴しました。


俄然、元気が出てきました。


明日も大変な作業があります。
ひとつひとつ、ですね。


posted by 覚円寺 at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年10月02日

法要説明会&清掃



F4A56A4C-2B67-4B40-941E-16D388641702.jpeg


本日14時より「令和の法要」の
当日の係の方に集まっていただき
法要説明会と清掃がありました。


ご案内したほとんどの方に
出席いただきました。


説明会では質問や意見が
飛び交いました。


大切な時間を割いて
ここに集っていただけることに
心から感謝致します。


その後
男性には荷物移動と記念品の準備を。
女性には清掃をしていただきました。


約50人のマンパワー!
すごいです。あっという間に
綺麗にしてもらいました。


本日はありがとうございました。
本当に多くの方に支えられて
心強いです。


何かもう、すでに感無量です。
感極まっています。


最後の挨拶、出来るんかな?(笑)


posted by 覚円寺 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年09月29日

今朝の北日本新聞



87582E74-9BAA-4EF6-A11C-25FC7B40B04C.jpeg


結構厳しい記事が
北日本新聞に掲載されました。


記事にある僧侶に対する批判は
しっかりと受け止めさせていただきます。


ここに書いてあることは
これまで僧侶の研修会などで
話し合われてきました。


私も4年前、個人的に
75名の葬祭業関係者から
アンケートを取り、同じような
回答を得られました。
そして研修会もしてさまざまな意見に
僧侶仲間と耳を傾けました。


しかし、新聞にデカデカと
このような批判中心の記事が載ると
ミスリードを招く懸念があります。


お布施や護持費は
確かに大きな金額です。
ご負担にもなっていると思います。


だからこそ有難く頂戴し
預からせていただくお寺を
しっかりと護り
教えをお伝えしようと微力ながら
尽力させていただいております。


でも宗派の違いや
田舎と都会の違いなどで
お布施の額は、富山県とは
(富山の新聞に出たので)
桁が1つ違う場合もあります。


法名をつけるときに
お金もいただきませんし。
(本願寺で帰敬式を受ける方は別です)


この記事を見て
思うことはいっぱいあるけど。


ご批判はしっかりと胸に刻みます。
まずは覚円寺の門信徒の方々に
信頼、信用していただけるように
精進いたします。


posted by 覚円寺 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年09月27日

招待状とは?



8010629C-DAB8-4080-874E-237723A0902A.jpeg


法要に向けて
総代・理事会を終えました。


さて、今日は安倍晋三元首相の
「国葬」でした。


賛否ある葬儀ですが
みなさんは如何お考えですか?


数千人に招待状が届き
六割の方が出席されたそうです。


覚円寺の「令和の法要」も
門信徒さんに招待状を
送らせてもらいました。


これは出欠を問わない招待状ですが
どれだけの方に
参りいただけるでしょうか?


招待状が届くというのは
来て欲しい人の場所が
そこに用意されてあると言うことです。


たくさんの方と
心をひとつにする時間を
共有したいと思います。


色んな人が浮かびます。
いや、名簿を見ながらの作業ばかりなので
全ての人の顔が浮かんでいます。


是非とも、お参り下さい。


posted by 覚円寺 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年09月26日

コピー機フル稼働!



37D1891B-49DE-4240-8436-BBC0AAA160B8.jpeg


いよいよ法要が近づき
やらねばならないことだらけで
頭がついていきません!


コピー機もフル稼働で
頑張っています。


あと2週間を切りました。


posted by 覚円寺 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年09月21日

禅の世界を体験



0D9DE03B-0F87-4007-9C0E-D5C64AB72D63.jpeg


お誘いをいただき
曹洞宗の食事作法を体験してきました。


富山市の最勝寺さんです。
和尚さんは同世代で
とてもエネルギュッシュな方です。


様々な丁寧な説明を受けながら
目の前の食事(いのち)に
向き合いながらの90分でした。


音を立てずに、
話す、聞く、見るという
「ながら」の食事と離れる。


それでいて、他の方と
共に空気を感じながらいただく。


虫の鳴く声や雨の音も
いつもと違う聞こえ方がしました。


所謂「楽しい」食事ではありません。
しかし、普段の毎日三度の食事で
どれだけの大切なことを
見落としているか考えさせられました。


和尚さんは仏教の素晴らしさを
宗派を超えて伝えていきたいという
情熱をお持ちです。


宗旨は違えど、同じ大乗仏教。
当たり前ですが親和性は多々あります。


他にも、毎月すごい数の
禅イベントを企画しておられます。


とても気さくな和尚さんです。
是非、立ち寄ってみてください。


posted by 覚円寺 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年09月18日

倶会一処 〜再び会う世界〜



62509714-AA51-4124-BAFB-43604B0581DA.jpeg


今日の法話会も何とか終わりました。
お参りに来て下さった方々
ありがとうございました。


さて、間もなく四十九日を迎えられる
ご門徒さん宅へ
七日参りに伺っております。


おばあちゃんのお骨が納骨まで
ご安置されてあります。


普通であるならば
初七日後から四十九日までは
「南無阿弥陀仏」の六字名号を
掛けます。


しかし、この門徒さん宅は
阿弥陀さまの絵像です。


この阿弥陀さま。
おばあちゃんより前に往生された
旦那さんが自分で生前に描かれた
阿弥陀さまなのです。


たくさんの絵画を残された方で
この作品も描いておられました。


こちらに手を合わせ、仏説阿弥陀経を
拝読しながら、何とも言えない
温かさを感じるんです。


仏説阿弥陀経の中に
「倶会一処」という言葉が出てきます。


ともに、ひとどころで会う世界。
お浄土のことです。


科学的にこのお軸とお骨を見るならば
物質と物質。何も感じません。


しかし、それぞれに思いを馳せるならば
浄土でのお二人の再会が
浮かんできそうではありませんか。


科学は大切。
私も恩恵にどっぷり浸かってます。


でも科学を武器にして、
目に見えない世界を
ぶった斬っていくのは違うと思います。


そのような考え方から
心の豊かさは
生み出すことは出来ません。


施主さんも、
「四十九日が過ぎて
 この阿弥陀さまをしまうとなると
 何か寂しいね。」
と仰っておられました。


間もなく四十九日を迎えられます。



posted by 覚円寺 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年09月16日

法話会 2022.09.18



E1F23F48-0B47-4895-9750-675F7D422BB0.jpeg


「令和の法要」に向けて立札しました。


何度も書き替えた日付が生々しい(笑)


さて18日(日)の
14時〜15時半頃まで
法話会を開催致します。


正信偈をみなさんで読んで
住職がお話します。


今回は、お彼岸も近いので
「彼岸について」
少し話そうかと思います。


仏教婦人会の主催ですが、
どなたでも大歓迎です。


回り焼香の際に
500円頂戴しております。


台風の影響は18日は
何とか大丈夫でしょうか?


帰りは送りますので
どうぞ気軽にお申し付け下さい。



posted by 覚円寺 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ