2021年04月15日

法話会 2021.04.17




25F5E86D-1ECD-4C64-B053-9C75E70D8008.jpeg



境内のチューリップがキレイに咲いております。


さて17日(土)は法話会です。14時からです。


正信偈を拝読して、住職と前住職が法話をします。


主催は仏教婦人会ですが、もちろんどなたもお参りいただけます。(婦人会員の方には4月なので、総会資料を配布します)


コロナ禍ですので、マスクを着用の上、お越し下さい。


日々の生活の中で、手を合わせることを忘れてはいないでしょうか?


みなさまのお参りを心よりお待ちしております。


posted by 覚円寺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月14日

オンライン講義



2E6DD0D8-2037-4394-8421-0064CAD1E0CA.jpeg



今日から約1年間、オンライン講義が始まりました。


全62回の講義です。様々な角度から浄土真宗を学びます。


全国から200名の受講があるそうです。


多くの先生方から学びをいただき、インプットしたものをみなさまにアウトプットしていきたいと思います。


posted by 覚円寺 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月09日

「坊さん宗教に勧誘される」の巻



0B3C3C25-0EE6-46DE-AAA6-D73CDAC11653.jpeg


先月末に、カルト宗教の講演会に出席したことは書きました。


ですので今回は、少し思い出したことを書きたいと思います。


まず、一言だけ断りを入れておきます。


鎌倉時代には、浄土真宗も新しい考え方でしたから、いわゆる新興宗教だったわけです。


ですので、新興(新しく興る)宗教の全てが悪いとは言いませんが、「カルト宗教」は少々タチが悪いです。


「カルト」の定義も様々だとは思いますが。


3年ほど前、その日のお参りから帰ってきた時のことです。


私は境内ではなく、裏の玄関から出入りしております。


1人の若い女性が後ろの玄関に立っておりました。


私は車を停めて、玄関に向かいました。衣を着て。


すると、その女性はビックリして
女性@「あ!お坊さんだったんですか?」と言いました。


私「そうですけど、ウチに何か用ですか?」と尋ねると


後ろからまた2人の若い女性と、3歳くらいの子どもさんも合流しました。


女性@「お坊さん!これ、読んでください」


○○新聞と書いてありました。


私「あっ、受け取りますよ」


女性A「お坊さん!私ね、この教えと出会ってから一度も悩んだことないんです。苦しいことないんですよ!」


女性B「そうですよ!これを唱えていないと、これからやってくる大地震でお坊さんも死んでしまいますよ!」


私「悩みないんですか?いいですね。死なないんですか?本当ですか?」


女性A「本当です。これを唱えないから皆んな苦しむんですよ!死ぬんですよ!」


こんな調子の話を一通り聞いて、少しだけ私の話も聞いてもらいました。


「私は浄土真宗の僧侶で、浄土真宗の教えが大切です。だから、あなたたちもその教えを大切にしてください」


「でも、2つだけ約束してもらえませんか?」


「1つ目。自分たちの教えだけが正しくて、相手の大切にしている教えを、邪教と捉えて否定しないでください」


「2つ目。不安や恐怖を植え付けて、こうなりたくなければ、これしなさい。という教えは、私は宗教ではないと考えます。それを洗脳といいます。そのような勧誘はやめてくださいね」


女性@AB「わかりました〜」


私(心の中)「絶対わかってないな」


前にも申しましたが、浄土真宗以外にも素晴らしい教えはたくさんあります。


しかし、とりあえず上記の2つ。



@自らを「正」とし、他を「邪」と切っていく教え
A不安や恐怖でがんじがらめにして、そこから逃れる条件を提示してくる教え


世の中が不安定なときほど、動きが活発になります。


入り込むと人間関係が遮断されて、思考停止に陥り、人生に狂いが生じます。


そして、一度浸かってしまうと戻ることができないケースもあるそうです。


ご講師の瓜生先生の話では、誰でも騙される可能性があるそうです。


どうか、心当たりや不安なことがあれば、話を聞きますのでお尋ねください。


posted by 覚円寺 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月08日

ブロック塀が完成!




9020551A-7DFD-4AAC-9CA6-84695D86B50F.jpeg


大雪で倒壊したブロック塀でしたが、新しくなりました!


近隣のみなさまには、工事中ご迷惑をお掛けしました。


きれいになって、とても嬉しいのですが、門を挟んで反対側のブロック塀が気になってきました。


同じく、本堂の後ろにも約70メートルにわたり古いブロック塀が並んでおります・・・。


posted by 覚円寺 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月05日

7人の仲間




DC4157FF-B96C-4128-89F9-58324BFF5ECA.jpeg



令和元年の8月に始まった「第15期新湊組連続研修会」が昨日修了式を迎えました。



コロナ禍で日程の変更を余儀なくされましたが、7名が全日程を修了されました。



全12回、様々なテーマについて学び、話し合っていただきました。



念仏の輪をともに広げる、「御同行・御同朋=仲間」として活動していきたいと思います。



覚円寺も所属する、旧新湊市を中心とした本願寺派の寺院の団体(新湊組)は、「南無阿弥陀」を1人でも多くの方に届けるために、次のステージに入ります。



みなさまも関心をもっていただけたら、幸いです。



posted by 覚円寺 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月03日

カルト宗教に関する講演会




8217AFA7-C1A1-4557-9904-4EBDF4A5AF85.jpeg



一昨日、本願寺高岡会館で瓜生崇先生の講演がありました。



「なぜ人はカルトに惹かれるのか
 コロナの時代の宗教」という講題でした。



瓜生先生は、この射水市にある「親鸞会」の講師をしておられた方です。



その後「親鸞会」の誤りに気づき、現在は大谷派の住職であり、多岐にわたる活動をしておられます。



深い考察と語りから伝わる熱意は、すさまじいものがあります。



先生の以前所属しておられた団体が、カルト団体かどうかは意見が分かれる所でしょう。



しかし、新聞や広告、SNS等の発信などをみると巧みだなぁと感じます。



そして色々と問題はありますが、熱意を感じます。



その熱意だけは、本願寺教団も見習わなければならない所だと個人的に思います。



同じ親鸞聖人を大切に仰いでいく団体ならば、共に歩んで行くことはできないのだろうか?



そんなことも考えてしまいます。(難しいかな?)



宗教によって人は救われても、宗教によって人生を狂わせてはなりません。



微力な私にできるのは、多くの先達方の拠り所となってきた「南無阿弥陀仏」を1人でも多くの方に届けることです。



山登りに様々なルートがあるように、宗教も様々な教えがあります。



浄土真宗以外にも素晴らしい教えはたくさんありますが、中には気をつけなければならない団体もありますので、注意してくださいね。



posted by 覚円寺 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年03月30日

楽しい仏教講座 2021.04.01

6082A75A-6771-4C68-9F82-A9F25450956C.jpeg



4月1日(木)は月に一度の「楽しい仏教講座」です。



今月は前回お話出来なかった「なぜ浄土真宗では般若心経を読まないのか?」をお伝えする予定です。



決して、般若心経が劣っているとか、間違っているとか、そんな話ではありません。



般若心経も素晴らしい経典で、多くの方の拠り所となるものです。



ですが、浄土真宗では拝読しないのです。



そのあたりに触れた話をしたいと思います。



19:30から1時間。椅子席です。



参加費を200円いただいております。



お土産付ですよ〜!



もちろん、お経の練習もします。



お念珠と筆記用具だけお持ちください。



初回の方には経本をプレゼントします。



どうぞ、気軽にお越しください。



お待ちしております♫


posted by 覚円寺 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年03月24日

下ごしらえ




CF95226A-3586-4303-AA66-99BCA9384A47.jpeg



この最近の夏は、境内に咲き誇る「ハス」が大変喜ばれております。



咲くのは一瞬ですが、そのためには長い準備が必要です。



泥はくさいし、汚いです。



でも、あんなにキレイな花が咲くのです。



お寺にハスが咲き、それをみた方が笑顔を咲かせる。嬉しいことです。



その光景がご褒美になります。



父は今、重いものを持てません。



父に習いながら、手間暇をかけたいと思います。


posted by 覚円寺 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年03月16日

法話会 2021.03.20




38788B7C-D01C-4315-97AF-FB131C9871BE.jpeg



3月20日(土)は法話会の日です。




14:00から正信偈を拝読し、1時間ほどの法話を聴聞します。




今月の御講師は、富山市清水町・願海寺の若院、村上巧弦師です。




村上さんは、私と同じ歳です。





毎月、地域に開かれた「子ども食堂」を開催しておられます。




2年前に、僧侶が雪駄で運転して切符を切られた話題が盛り上がった時には、ワイドショーに出演しておられました。




そして、何と元ミュージシャンなんです!




今回は、お話の中でギター演奏もしてくださるようです。




仏教婦人会の主催ですが、どなたでもお参りください。




お焼香銭として、500円をいただいております。




マスク着用でお越しください。




お彼岸でもありますし、1人でも多くの方と穏やかな時間を過ごさせていただきたいものです。



posted by 覚円寺 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年03月11日

あれから10年




62051952-D969-4BCA-BBD6-D24FA76B229A.jpeg



数日前からの報道のとおり、今日は東日本大震災から10年目の日でありました。




それぞれ様々な想いで過ごされたことと思います。



2011年4月29日に、先輩僧侶に声をかけていただき、宮城県に向かいました。




富山の薬を届け、スコップ持参で向かった先は石巻市。




あの空気、におい、今でも思い出します。




被災者の方にはかける言葉もなく、自分たちは、ただただ流入物を撤去するだけでした。




笑うことさえ許されないような雰囲気の中、声をかけてくださったのは被災者の方でした。




写真の日和山公園で、たくさんお話をしてくださいました。




正直言いまして、普段は忘れっぱなしです。





そして、今も何もできないままです。




若い被災者の方が、次の世代に震災を伝えたい、と悲しみを抱えながら語られる報道をここ数日、何度か目にしました。




今夜、初めて子どもたちに東日本大震災の話をしました。




子どもたちに、どのように伝わったかはわかりません。




話をした直後に、震災後から始まった音楽番組で、MISIAが歌うのを息を立てずに静かに聞いていました。




「私が何気なく過ごした今日一日は、誰かが生きたかった1日かもしれない」





確実に過ごした今日、そして来るかわからない明日を迎えたならば、感謝の想いを持って過ごしたいと思います。



posted by 覚円寺 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ