2023年02月04日

ヤンキーと住職



4EE65C80-E4C7-49D1-BC8B-3DBFAB9E16E9.jpeg


ついに届きました。
近藤丸さんの著書
「ヤンキーと住職」


近藤丸さんには
何度か、お会いしたことがありますが
とっても誠実な方です。


一見ふざけているような
漫画のタイトルですが
中身は真面目で、楽しく、
優しく、わかりやすく、深い。


近藤丸さんの人柄があふれる
作品だと思います。


本当に本当にオススメです。
仏教を少しでも知りたい方、
ふれてみたい方。


是非読んでみて下さい。
一気に読んでしまいます。


誰もが抱いていそうな
仏教への素朴な疑問にも
答えておられます。


とにかく
全国の書店に大きく
扱ってほしいです。


5353307A-98F7-41C4-B4DB-CBF57FD4F26D.jpeg

91FC1416-BA5E-4C28-A8DC-F79CCE56E026.jpeg

E3B8FBD1-3A35-455D-9801-3A95D6E2D5C9.jpeg

posted by 覚円寺 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2023年02月02日

zoom時代



AA432022-3A9A-4626-B487-B0DDB4E3A0F7.jpeg


京都に行かずとも。
福井に行かずとも。
会議、研修会ができる時代です。


昨日は本願寺の
布教団連合の会議でした。


今年から抜本的に変革されるであろう
本願寺常例布教の選出方法において
重要な会議に代理でしたが
参加しました。


時代の流れの中で
変化するのはわかるのですが
そこ変えるの??という
ハテナが残る会議でした。


本日は第二ブロック
(富山・高岡・石川
 福井・東海・岐阜)の
青年布教使研修会でした。


途中、法事で中座しましたが
「特権」について概念が
覆る研修でした。


兎にも角にも、家にいながら
研修会に参加できる時代になりました。


現地に行かなくていいから
移動時間もないし、
費用もかからない。


でも、やっぱり可能であるならば
対面が1番ですけどね。


posted by 覚円寺 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2023年01月24日

頑張れ、イチロウ!



07859032-25FC-42B2-96ED-0C9510E054B5.jpeg


今朝の北日本新聞に
大きく取り上げられております。
どうぞ、ご覧になってください。


覚円寺・総代、村田善市さんのお孫さん
伊亮(いちろう)くん(中1)。


広島でのボーリングの全国大会へ
出場されるそうです。


昨年から本格的に始めたそうで
指導されるプロは
「短期間でここまで
 伸びる生徒はいない」
とコメントしておられます。


そういえば、お父さんの善康さんは
パーフェクトの記録をお持ちで
数年前まで最寄りのボーリング場に
写真が飾られておりました。


また、伊亮くんは
ボーリングだけではなく
絵画でも数々の受賞をしております。


昨年は集団登校で
長男の世話をしてくれていた
優しい少年です。


応援しています。
頑張れ!イチロウ!


posted by 覚円寺 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2023年01月21日

団体参拝のお知らせ


6BB37649-28B9-411F-A7C3-DCA42D9CAC76.jpeg


4月10日(月)〜11日(火)に
浄土真宗本願寺派 新湊組主催で
団体参拝を企画しております。


今年は、親鸞聖人御誕生850年
立教開宗800年の年です。
その法要に参拝します。


*帰敬式(おかみそり)を受けたい
*大谷本廟に納骨・お参りしたい
*本山に参りたい 久々に旅行したい


など、お考えの方は
一緒にお参りしませんか?
定員は80名です。


他に、都をどり鑑賞や
京都市内での自由時間もあります。


旅行傷害保険料も含めて
38,000円です。
帰敬式の方は別途、10,000円必要です。


その他、詳細は
申し込み用紙がありますので
覚円寺までお問い合わせ下さい。


※帰敬式(おかみそり)とは
 仏弟子として法名をいただく儀式で
 聞法に励むことを誓う大切な式です。
 葬儀で手継寺の
 住職がつける場合がありますが
 生前に受けるのが
 最も望ましいかたちです。
 これを機会にお考え下さい。

posted by 覚円寺 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2023年01月14日

御正忌報恩講 2023年


C416845C-6414-43E2-96E1-8D29778BF17E.jpeg


明日、明後日は御正忌報恩講を
おつとめいたします。


御正忌報恩講は宗祖親鸞聖人の
祥月命日の1月16日につとめる法要です。


西本願寺では、9日〜16日まで
8日間つとめられております。


どうか、お忙しいとは思いますが
都合を合わせてお参りいただけたら
幸いです。


15日(日) 14:00〜15:40くらいまで。
法話 :   高岡市笹川  広済寺若院
      福田慶隆師(住職の従弟)

*帰りに「シソ(ゆかり)のご飯」を
 お持ち帰りください。
 香りが立ってとても美味しいです。


16日(月) 10:00〜11:30くらいまで。
法話 :   住職

「令和の法要をふりかえる」

10月の法要をプロジェクターを使用して
写真を見ていただきます。当日やそれまでの裏話など、楽しくお話しますね。
西本願寺での法要の中継も
流すかもしれません。

*終了後、鏡餅のお下りで
 ぜんざいを食べましょう。
 

今年は雪もないので出やすいと思います。
どうか、みなさまの各行事への参画を
お願い致します。


posted by 覚円寺 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2023年01月11日

今日の立山連峰



1BC54FE7-5D07-482D-8F05-DB8B0813812C.jpeg


今日の立山連峰は
富山県民も唸るような
美しさでしたね。


新湊大橋、海王丸からの
立山は別格の美しさ。


明日の新聞の一面は
立山連峰の写真と予想します!


このお正月は晴れ間があって
とても動きやすいです。


このまま春に・・・
と、言うわけには行きませんよね?


posted by 覚円寺 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2023年01月01日

謹賀新年 2023年


C3AE56F8-7E76-4891-BD13-F935026855AA.jpeg


明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。


今年も特別に大きな目標はなく
お寺の住職としての役目を
丁寧に勤めるだけです。


1人でも多くの方へ教えを手渡し
お寺に足を運んでいただけるよう
精進いたします。


posted by 覚円寺 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年12月31日

18時スタート!



1D14BBA4-C47E-41C2-AA93-2F9292F9DD9E.jpeg


大晦日になりました。
みなさんはどんな一年でしたか?


今日は18時から除夜の鐘をつきます。
お子さんへのお菓子も準備完了!


どなたも気軽に
つきに来てくださいね。


posted by 覚円寺 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年12月20日

大晦日 除夜の鐘


98736098-DE0F-4233-B75E-3EE3DAF3CC10.jpeg

いよいよ年の瀬ですね。
今年も大晦日に除夜の鐘をつきます。


子どもたちにも沢山ついてもらいたいので
18時スタートです。


いつもの23:45にも
少しだけつこうと思います。


実は浄土真宗では
煩悩は108とは考えないので
数は適当です。


来られた方に好きなだけ
ついてもらいます。


お子さんにはプレゼントもあります。


みんなで今年1年を振り返り、
感謝をしながらつきましょう。


どなたでも大歓迎、ウェルカムです。
心よりお待ちしております。

posted by 覚円寺 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年12月18日

子ども会 at 新湊組


D1DDD8C1-0E42-4C99-8778-61F8BB3F40C0.jpeg


覚円寺が所属する
新湊組の子ども会が
円徳寺さんにて開催されました。


はじめにお参りの練習。
みんな、しっかりと出来ました。


B273EAFB-3216-49B5-AE0A-9AC3E3AD6B35.jpeg


楽しいゲームでは
初めてのお友だちとも打ち解けます。


A1BEEB53-F3B4-407F-9D89-791983425C28.jpeg


オリジナルのお念珠作り。
個性がでて、面白いです。


1F20C949-9D3E-4BEA-B91C-0ED56E260636.jpeg


最後はビンゴで大盛り上がり。
楽しいひと時を過ごしました。


帰りの車で息子の友だちが
「おてら、たのしかった〜」と
呟いてくれたのが嬉しかったです。


覚円寺でも、何か楽しいことを
企画したいと思います。


みなさん、何か
妙案はございませんか??



posted by 覚円寺 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ